人生ずっと勉強。
ITを軸としたT型人間になりたい人のブログ。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixi Graph API をちょろっとテストするテストページつくった
mixi Developer Centerにあるように
OAuth 認証かまして API にアクセスするのは、
ちょろっと結果を確かめたいときとか試しにやってみたいときにとっても面倒なので
軽く確認するためのテスターページを作ってみました。
ほぼ自分用。

mixi Graph API テスター

※GETメソッドにしか現在対応しておりません
※バグいっぱいあるかもしれません

XHR の responseXML について
XMLHttpRequest でどっかのXMLリソースを取得するとき、
レスポンスの Content-Type ヘッダの値が application/xhtml+xml じゃないと
ちゃんと responseXML プロパティにオブジェクトを設定してくれないみたい。
application/xml じゃダメだった。
メモ。
【apache】 Symbolic link not allowed or link target not accessible エラーが出る時の対処
以下の確認事項の最後ですさまじい時間を吸収されたのでメモ。

・アクセス対象ファイルのディレクトリに httpd.conf にて Options の FollowSymLinks の記述があるか
・シンボリックリンクが間違って張られてないか
・ファイル自体のパーミッション、ファイルが置かれてるディレクトリのパーミッションが apache からアクセスできる状態にあるか
・SELinuxがわるさしてないか
・ファイルへのパスの途中にあるディレクトリにも apache からアクセスできる状態にあるか

eclipse の subversion プラグインでビックリマークが出るときの対処法
他のプロジェクトからファイルやディレクトリを引っ張ってくるとよくある。
基本的には Subversion に関するファイルやディレクトリ( 名前が.からはじまるもの)にある
設定がほかのプロジェクトのままになっていることが原因。
.svn とか .classpath とか。

なので、それらを持ってこないように、必要なファイルのみをコピーして
移動先のプロジェクトに放り込むようにすればいい。
それか設定ファイルを移動先プロジェクトに合うように書き換えるのもありかも。
【 perl 】 cpanm で CPANモジュールを対話的にインストール
cpanm で CPANモジュールをインストールしてると、
どうもデフォルトでは、オプションをすべてデフォルトでインストールしちゃうっぽい。
それが原因でエラーになり、モジュールがインストールされないことがあったので、
どうやったら対話モードになるのかなーと思って cpanm のソースを見たらこんなオプション発見。
'v|verbose' => sub { $self->{verbose} = $self->{interactive} = 1 },

このオプションを指定してやって無事対話的にインストールできました。
% cpanm --verbose Hoge::Hugaga




わたくし

いろいろリンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。