人生ずっと勉強。
ITを軸としたT型人間になりたい人のブログ。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し
はてなブログへ引越しました
http://kiyotakagoto.hatenablog.com/
スポンサーサイト
Hyper Estraier で PDF が索引付されないと思ったら estfxpdftohtml にpathとおってなかった
全文検索システム Hyper Estraier を linux ( CentOS 5.5 ) の上に入れた。
ら、そのままではPDFが索引付されない。

PDFも含めるには
「estfxpdftohtml」
が必要で、それは

「hyperestraierのインストール先/filter/」

にある。なのでそこにPATH通すなり、PATHとおってるところに
ファイルをコピーするなりして以下のコマンドを実行すればPDFも索引付される。
% estcmd gather -fx .pdf T@estfxpdftohtml PATH_TO_INDEX_DIRECTORY PATH_TO_FILES

【Perl】 多次元配列をshiftしたいときの注意点
ちょいと詰まったので自分用メモ。
Perlは厳密には多次元配列を扱えないようで、
たとえば以下のような多次元配列のうち、1つ目の配列をshiftしたいときなんかは
気を付けないといけない。

my @test = (
[1,2,3],
[4,5,6],
[7,8,9],
);


下記のようにすると
「Type of arg 1 to shift must be array (not array element)」
エラーが出る。
shift $test[0];


そこで、試しに@testを出力してみると、こんな感じになる。
ARRAY(0x1eb184)ARRAY(0x1eb064)ARRAY(0x2141384)


つまり、@testは、要素として配列へのリファレンスが入ってると。
なので、リファレンス先を参照するようにして、shiftをすればおk。

shift @{$test[0]}


まーshiftするときの注意というか、多次元配列を扱う時の注意という感じですね。

読了:夏野流 脱ガラパゴスの思考法
夏野流 脱ガラパゴスの思考法

最も印象に残ったのは、最後の章「あなたが変わるには」で述べられていた、
次代を担う若者へ向けた5つのメッセージ。
それらのメッセージが一貫して伝えようとしていたことはたぶん、
「後悔なき人生を送るために、今この瞬間を精一杯生きよ」
ってことなんでしょね。

未来を正確に予測する事は難しいし、事を成すには運の要素も大きい。
それに、ビジネスの世界でWin-Winの良好な関係を作るには、
自分自身に大きな魅力をつける必要もある。
ではどうするか?
夢やビジョンを持って未来を創り出すにしても、
運よくめぐってきたチャンスをつかんで事を成すにしても、
高度な専門性などで自分に大きな魅力をつけるにしても、
そのために必要な「今なすべきこと」を一生懸命続けていくしかない。
「今なすべきこと」をせずに、未来を創り出すことも、チャンスをつかむことも、
自分自身を魅力的にすることもできない。

「今」なすべきことに全力で取り組むことが、
ただ「今」を生きているようで、実は「未来」につながってる。
きっと「今この瞬間を精一杯生きよ」ってそういうことなんだろうなー。

以前、医療業界で人材育成に携わっているNさんから、こんな話を聞いた事がある。
ある欧州の企業で優れたリーダーシップを発揮し、企業の競争力強化に
大きな貢献をしている方にNさんがお話を聞く機会があった。そこでNさんは
「リーダーシップとは何か?」と質問をしたそうだ。
その時、こんな答えが返ってきたという。

「よくわからないけど、リーダーシップというものは特別なものではないと思う。
私がやっていることは、その時にやるべきことを、ただやっているだけです。」


今を精一杯生きてるか?常に自問自答しようと思う。

【TwitterAPI】statuses/user_timeline で「This method requires authentication」エラー
TwitterAPIのuser_timelineを使うときに、以下のように
http://api.twitter.com/1/statuses/user_timeline.json?user_id=1234567890

という感じでリクエストURIをつくるとなぜか
「This method requires authentication」エラーが返ってきた。
しかし当然OAuthで認証済み。

そこで、他のパラメータでも同じ結果になるか調べてみた結果、
「screen_name」パラメータなら何の問題もなく動くことが判明。
http://api.twitter.com/1/statuses/user_timeline.json?screen_name=kiyotakagoto


原因はわかりません。ただのバグなのかな。なぞ。


わたくし

いろいろリンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。